タイトル画像

Earthquake -耐震心-

中古住宅の耐震診断の必要性について

一戸建て住宅を購入する際には、新築住宅と中古住宅のいずれかを購入するという選択肢があります。中古住宅は、購入する時点で希望の間取りを実現できないというネックはありますが、新築住宅よりも販売価格が安く、リフォームやリノベーションを行うことで自由に改装することができるメリットもあります。中古物件の広告には、必ずその家が建築された竣工年という年が記載されています。建築に関する法律では、1981年の6月に構造規定が大幅に改正されているため、この年月以前に建てられた家は現在の構造基準を満たしていません。こういった年代の家は、耐震診断をして、現在の耐震基準を満たしているかどうかを確認してから購入することが重要であり、自身と家族の安全のためにも、耐震診断を実施して、強度が不足しているならば、耐震補強を実施することが望まれます。自治体の中には、耐震診断に関する費用の一部に対して補助金を助成している行政が多く、これらの制度を有効活用して、耐震上安全な中古住宅を探すことが重要となります。

中古住宅を購入するなら耐震診断から

最近では地震が頻発しており、そういった意味でも中古の住宅を購入するときには、耐震性に気を配った方が良いです。中古住宅をこれから実際に購入しようと考えているなら、そのようなことを考慮したうえで建築してくれたかどうか、きちんと見極めた上で購入するようにしましょう。言うまでもなく安い買い物ではないので、そういった事をしっかりと考慮し、いざとゆう時にも安心して住み続けることができるような住宅を購入できるようにしておきたいものです。耐震診断に関しては、それを専門的に行ってくれている、業者がたくさん存在しています。今は耐震診断のニーズが非常に増えているので、専門の信頼性の高い業者に言えば、すぐにでも見てくれるでしょう。そこまでお金がかかるものでもないですし、場合によってはリフォームなどをする必要があるとき、教えてくれるので助かります。快適な住まいを手に入れたいと思っているならなおのこと、まずは最初に専門の不動産業者に、そこの住宅の耐震性がどれくらいなのかを聞いておいた方が良いです。

Last update:2017/1/24

『中古住宅』 最新ツイート


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/c81jr4pl/public_html/petitluxe.net/old.html on line 48
トップへ