タイトル画像

Earthquake -耐震心-

耐震診断ソフトの利用について

1981年の6月より前に建てらてた建物は、現在の耐震基準を満たしていませんので、耐震診断を実施して現行の耐震性について調べる必要があります。診断を実施する場合は、建築防災に特化した団体の指針に基づいた判定方法が用いられており、それらの判定方法をベースにしたソフトを利用して、パソコン上で計算することが可能です。ソフトには様々なメーカーから販売されているものもあれば、フリーで使用できるタイプのものもあり、診断する建物の平面図を元に、耐力壁と呼ばれる構造体の位置を入力することで、その建物の耐震性を評価することが出来ます。プログラムの仕様によっては、耐震診断だけにとどまらず、耐震補強のプランを立てたり、補強計画の図面を自動作成することも可能なので、それを元に補強工事まで実施することも出来るのです。現在は、設計事務所のほとんどが耐震診断用のソフトを用いて自動計算しているため、診断結果が出るまでの日数も少なくなっています。

建物の弱い部分を推測できるフリーの耐震診断ソフト

耐震改修をするプランがなくて、調査が必要ないと思われがちですが、耐震診断をすることで、建物の劣化状況が分かるメリットがあります。やはり、震災というのはいつ起こるか分からないので、建物のどこかが弱っていないかチェックをして日々のメンテナンスをすることが大事です。特に、何年も住んでいる建物は古くなっているので、耐震性能が低いかどうか必ずチェックを1度はする必要があります。しっかり調査をすることで、地震に弱い部分を知ることができ、重点的に直したほうがいいところがどこか分かります。業者に依頼することが一番なのですが、コストを抑えたいのならば、フリーの耐震診断ソフトを使っても、建物のどの場所に弱い部分があるのかということを推測できます。また、住宅売買のビジネスをする際には、建物の状態をはっきりさせることで、買う方に安心して取引してもらえることは大きなメリットです。やはり、建物を売った後で問題が見つかってトラブルになることは避けたほうが良いです。

『耐震診断 ソフト』 最新ツイート


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/c81jr4pl/public_html/petitluxe.net/soft.html on line 44

Valuable information

旭区で歯科を探す
http://sougawa-dc.com/

2016/3/9 更新

トップへ